ED治療薬バイアグラの安全について≪バイアグラ安全情報局≫

ED治療薬バイアグラの安全について≪バイアグラ安全情報局≫

バイアグラの副作用を防ぐ

バイアグラの副作用

臨床試験や実際の治療で、脂肪を含めた様々な副作用が高い割合で発生しているため、ファイザー社ではその対策に相当神経を伝っており、また頭を痛めているようです。

 

今後もあまりに多くの重い副作用が頻発すれば医薬品としての認可が取り消されることも想定されるからです。

 

そこで、ファイザー社では副作用による死亡事故を防ぐために、次のように救急医に伝えています。

 

実際の書簡の内容です。

 

「アメリカ・ファイザー社のセクシャル・ヘルス医学部長として、また、前開業医兼認定救急士としてお手紙差し上げます。

 

ご承知の通り、ファイザー社によって発見・開発されたバイアグラは、男性の勃起不全に治療薬として、FDAの認可を受けました。バイアグラ服用の際の唯一の禁忌は、有機硝酸塩(ニトロセルロース製品)を同時に服用することです。

 

不注意から、こうした製品をバイアグラと同時に服用してしまうことは起こる可能性があることを承知しています。そうなれば患者に当たる、あるいは入院前に応急手当てをする人、にも関係することであると承知しています。

 

救急医の先生方は通常、この薬品の関する情報を得ることも、また、ファイザー社が受けているような、ユーザーからの問い合わせにお答えになることなかろうかと思います。

 

そこで、救急医の先生方全員にこのようなお手紙を差し上げるのが、バイアグラを服用する患者の安全のために重要と考えた次第です。

 

 

性行為には、一般的に心臓の負担と心筋の酸素消費量の増加が伴うことは良く知られていることです。

 

バイアグラの処方を考えていらっしゃる患者の心臓の状態を考慮されること、特にどんな形であれ、頻度の多寡にかかわらず。有機硝酸塩を服用中の患者にはバイアグラを処方しないようにお願い申し上げます。

 

紺ようにファイザー社はバイアグラを安全に服用できるように努力し続けているのです。

 

日本でバイアグラを使うには2通りの購入方法があります。泌尿器科など病院を受診し診察をしてもらいバイアグラがほしいことを伝えると大抵処方されまれます。
もう一つの方法として個人輸入するということです。個人輸入するには個人輸入代行サイトを利用し購入することができます。あんしん通販薬局やくすりエキスプレスなど個人輸入サイトがあります。

 

バイアグラの死亡に至る副作用

 

バイアグラを服用して130人が死亡しました。1998年3月末には、アメリカでバイアグラが流通しはじめ、それ以降、98年11月中旬までに600万人を超える処方箋(約5000万錠相当)が調達されました。

 

この間、バイアグラが処方された後に死亡したと報告された数は130例に上がっています。
このほかにも食品医薬品局はアメリカ以外でも55例、情報源などが不明確な例が35例、バイアグラの使用が不明確な例が22例報告されています。

 

一方、日本国内では、40例に副作用が、31例に臨床検査値異常が認められました。主の副作用は頭痛20例、ほてり16例、視覚障害3例などでした。

 

アメリカで死亡した130例の死亡原因は、心血管系の障害によるものが77例で最も多く、そのほか、脳卒中が3例となっています。

 

心血管系の障害の内訳は、心筋梗塞またはその疑いが41例、心停止が27例、心疾患の症状が6例などとなっています。
このうち16例がニトログリセリンまたはその他硝酸塩を服用していたと奉公されています。

 

130例のうちの44例が、バイアグラ服用後、4から5時間以内(性交中または性交直後の27例も含む)に粗暴または死に至る症状が表れました。

 

このほか6例が服用当日に、8例が服用翌日に死亡するケースがありました

 

死亡したケースでは、心血管系の病気のリスクを一つ、あるいはそれ以上持っていたそうです。具体的には「高血圧症、高脂血症、喫煙、糖尿病、心疾患」などでした。

 

お役立ちサイト

 

バイアグラ口コミ【効果は本当か?】体験談が教えてくれる

 

ザイデナをお得通販@ザイデナの評判と効き目


バイアグラの体への悪影響

バイアグラを服用することで、精子への悪影響はないのかという意見が聞かれることがあります。妊娠や出産は夫婦ならほとんどの方が真剣に考えていることだと思います。

 

ED治療をする原因にも妊娠が理由と答える人も多く、若いED患者さんも増えてきています。

 

バイアグラの精子への影響ですが、これはまだ長期間の臨床試験が終わっていないので、確実なことは言えませんが、使用上の注意をきちんと守って、バイアグラを服用していれば影響はないものだと考えられています。

 

ただそれ以外に、バイアグラの体に及ぼす悪影響として、1998年の7月に日本でもバイアグラ使用者の死亡例が出ています。

 

また、バイアグラの服用して副作用を感じた時には、とにかく近くの病院に駆け込むようにしてください。この時に大切なことは症状だけを訴えるのではなく、バイアグラを服用為している子をときちんと医師に伝えるようにしましょう。

 

バイアグラの服用して性行為をしている最中に、頑張りすぎてしまい、狭心症の発作を起こして病院に運ばれてしまった患者さんに、医師がバイアグラ使用の事実を知らずに狭心症の治療薬であるニトログリセリンを投与してしまうと、容体が急激に悪化し、最悪の場合は死亡してしまうことがあります。

 

バイアグラを服用して一度でも気分が悪くなることがあったのなら、あなたはバイアグラに合う体質ではないということになります。その時には、バイアグラ以外にもしアリスやレビトラやザイデナなどのED治療薬も販売されているので、そちらのほうを使用することをお勧めします。

続きを読む≫ 2016/06/23 11:36:23

バイアグラの依存性

ED治療薬として多くの男性の支持を得ているバイアグラには依存性があるのでしょうか?バイアグラ自体がまだまだ新薬であり、依存性の有無などの長期にわたる臨床試験の結果がないのが現状です。

 

バイアグラを使っている人の感想を聞いていると、「バイアグラを手放すことができない」という声が多くありますが、これは薬の作用による依存性とはまた違うものだと思います。

 

薬の依存性とは、その薬が特に必要な状態でないのに、薬を体が欲する状態のことを言いますので、バイアグラ体験者の方たちは、バイアグラを服用することによる勃起効果を求めているのであり、バイアグラを服用することを求めているのではありません。

 

なので、バイアグラには依存性はないといえます。ただ、性行為には依存性があるので、バイアグラの効果で性行為の喜びを感じて、いつでもしたいと考えるようになり、バイアグラに依存するというケースはあるかもしれません。

 

ただ、性行為を毎日しても、健康に害があるわけでもないのでいいのです。ただ寝不足になることが想定されるので、その部分で健康に害があることもありますが。。

 

いずれにせよ、バイアグラに限らず医薬品を長期間使用し続けることは、体にいいことではありません。毎日の長期間の及ぶバイアグラの服用は避けるべきでしょう。

続きを読む≫ 2016/06/23 11:36:23

バイアグラの危険性

登場したときには、夢の薬ともてはやされ、多くの男性がお祭り騒ぎをしていましたが、その気分が吹き飛ぶショッキングなニュースが流れました。

 

バイアグラの副作用による死亡事故です。アメリカの食品医薬品局は「バイアグラの服用が原因で死亡したケースが確認された」と発表しました。

 

現在ではインターネット上に公開されている情報でアメリカ食品医薬品局の情報を見ることができます。製造元のファイザー製薬に関する情報や、消費者がバイアグラの使用において気を付けなければならないことなどが紹介されています。

 

これによると、バイアグラの服用によって死亡した人は、年齢が50歳以上で、心臓や血圧などに以前から疾患を抱えている人が多いようです。

 

バイアグラは、血管拡張作用が期待されており、心臓疾患患者が治療に使うニトログリセリン系の薬にも同様の作用があることが知られています。

 

そのためにニトログリセリンとバイアグラを併用してしまうと、二重の効果が発生してしまい、血圧が急激に低下してしまいます。そのために死に至ると考えられています。

 

アメリカではバイアグラの買うときには、医師に病歴や既往歴などを説明する必要があります。そうしないと処方箋が発行できないようになっています。

 

ニトロ系の薬を使っている心臓病患者や、インシュリンを使っている糖尿病患者には、バイアグラの処方箋を発行してはいけないことになっています。

 

バイアグラの処方箋を発行する医師は、決してルールを破ることはないでしょうから、患者自身がバイアグラの処方箋欲しさにうその報告をすることが考えられます。

 

どうしても飲ぽテンスを直したい患者が、自分の病歴を隠してでも、バイアグラを手に入れることは、命のリスクがかかっているのです。

続きを読む≫ 2016/06/23 11:34:23

バイアグラ,硝酸塩

「一酸化窒素と血圧抑制」と題してファイザー社では次のような説明をしています。

 

一酸化窒素は幅広く販売されている内性血管拡張神経薬です。心血管系内の一酸化窒素源には、内皮細胞と血管周辺神経の末端があります。ある生理的な状態では、血管の壁圧の変化によって一酸化窒素の放出が起こります。

 

一酸化窒素の循環レベルは低く、その分氏は不安定です。放出部位に作用し、血管の抵抗を調節するので血圧の抑制に役立ちます。

 

ある生理的な状態ではバイアグラの血圧絵の影響はごく小さいか中程度です。これらの変化は用量(25ミリグラムから800ミリグラムの用量の場合)にも関係なく、軽い頭痛やめまいを伴う赤面がある程度で、通常はそのほかの症状とは関係がないです。

 

患者が硝酸塩を服用している場合、循環器系に高レベルの一酸化窒素がみられる。血管の平滑筋細胞にあるPDE5を阻害することによってバイアグラが循環している一酸化窒素を相乗的に高めます。

 

バイアグラは硝酸塩を使用している患者の血圧を相乗的に下げる効果がありますが、その墓の血管拡張剤とのき見合わせではこの症状はみられません。

 

これまでの調査・研究によると、降圧剤を使用している患者がバイアグラを用いた場合、そのために血圧のさばる症状を示す危険性が高まることはないといえます。

 

このことは、高血圧症、アンギナの治療薬として、カルシウム・チャンネル・ブロッカー、利尿剤を使用している患者にも当てはまります。

 

代表的な有機硝酸塩は以下もののです。

 

ニトログリセリン:27種
イソソーバイド・モノニトレイト:4種
イソソーバイド・ニトレイト:8種
ペンタエリトリトール・テトラニトレイト:2種
エリトリチル・テトラニトレイト:1種
イソソーバイド・ディニトレイト:1種

 

このほか禁制の有機硝酸塩を含んだものとして、亜硝酸アミルまたは硝酸塩が挙げられています。亜硝酸アミルまたは硝酸塩は時々乱用されることがあり、「ホッパー」などと呼ばれていることもあります。

 

ファイザー製薬としてはなんとは副作用を出さないようにしてほしい、死亡時を起こさないようにしてほしいとい気持ちがよく伝わってきます。

 

ファイザー社にとっても、あるいは製薬業界にとってもバイアグラは近年まれに見る大ヒット商品であり。それを今後も販売し続けていきたいという気持ちの表れなのでしょうね。

続きを読む≫ 2015/11/06 11:41:06

バイアグラ,硝酸塩

バイアグルら服用患者に対する、救急医の先生が適切な診断と治療判断を下さなければならないシナリオです。

 

自宅で硝酸塩とバイアグラを服用した男性がひどい低血圧症になって、救急病院に運ばれてきた。ファイザー社はバイアグラを処方される可能性のある先生や服用の可能性のある患者に対して、硝酸塩が禁忌薬品であることを伝えていくつもりです。

 

しかし、それでも、硝酸塩を使用しているか、少なくとも使用する可能性がある人がバイアグラを服用することが考えられます。

 

例えば、アンギナ(狭窄感を起こす病状の名前、普通には咽頭の炎症、特に扁桃腺炎を言う)の病歴を持つ患者がバイアグラを服用して、性行為を行ったとします。

 

この行為に伴う酸素消費によってアンギナの発作が急に始まることになれば、体内にまだバイアグラが残っているうちに、舌下ニトログリセリンを服用することになり、この患者は急性の低血圧になる可能性があります。

 

血圧が急激に低下した結果は様々で、全く何も生じないこともあるし、めまいや軽い頭痛のような低血圧症を示すこともあれば、失神、冠動脈の潅流、低下や心筋梗塞の症状を示すこともあります。このような患者はすぐに救急車で救急病院に運んで治療する必要があります。

続きを読む≫ 2015/11/06 11:29:06

バイアグラ,副作用

アンギナの病歴がない男性が、バイアグラを服用して成功意を行い、アンギナ症状が初めて発言した、このような患者が救急病院に運ばれてくることが考えられます。

 

その場合、患者はまだ胸部の痛みがあり、そのために短期性の硝酸塩を投与される可能性があります。もしも担当の救急医が、硝酸塩とバイアグラの相互作用を知らないで、また、バイアグラのことを特に訪ねることもなければ、ニトログリセリンを舌下に投与するか、静脈注射することになり、結局、硝酸塩とバイアグラの相互作用が病院内で急に起こってしまいます。

 

これに似たシナリオで、バイアグラを服用して胸が痛くなった患者が119番に電話して、救護班員化、救急医がその電話に陀タ場合です。ある地方では救急病院に入院する前に救急医がその場で、あるいは救急車の中で短期性の硝酸塩を投与してよいことになっています。そうなると、同じく相互作用で容体が急激に悪化することが想定されます。

 

ファイザー社は特に詳しく研究しているわけではありませんが、気分をすっきりさせる吸引剤として硝酸塩が用いられることがあると思います。これらはよく性行為中に使用されておりますので、バイアグラを服用して性行為を始め、途中でこれらの吸引剤を用いるといったシナリオも考えられます。

 

バイアグラに関する医療関係者様への主な注意点は以上ですが、ファイザー社ではバイアグラが女性の間でも個人でこっそりとあるいは医師から適用外の処方箋をもらうことで、使用されていることを承知しています。

 

そのため、副作用のシナリオは男性に起こる可能性が高いことは確かだが、適用がいの使用が続けば女性にも起こる点を指摘しています。

続きを読む≫ 2015/11/06 11:17:06

バイアグラ,副作用

バイアグラの副作用では頭痛や消化不良が多く報告されています。死亡事故以外にもこれらの症例も副作用として認識されています。

 

図鬱右派顔面校長、消化不良など様々な副作用を引き起こした例が、これまで臨床実験や実際の治療によって生じています。

 

様々な症例の中には、バイアグラの臨床実験中にあらわれた副作用のうち発現率が2%を切っているものもありました。こうした副作用はバイアグラによって現れたのか、ほかに原因があるのかが、はっきりとはわかりません。

 

ファイザー社ではバイアグラの服用との関係がありえる症状として症例を上げています。

 

全身的な副作用

 

顔面浮腫、光毒性反応、ショック、無力症、痛み、悪寒、転倒、腹痛、アレルギー反応、胸痛、怪我、

 

心臓血管系の副作用

 

狭心症、房室ブロック、偏頭痛、失神、頻尿、低血圧、起立性低血圧、心筋虚血、脳血栓、心停止、心不全、心電図の異常所見、心筋症

 

消化器系の副作用

 

嘔吐、舌炎、大腸炎、胃炎、胃腸炎、食道炎、口内炎、口腔乾燥、肝機能検査の異常所見、直腸出血、歯肉炎

 

血液・リンパ系の副作用

 

貧血、白血球の減少

 

代謝・栄養系の副作用

 

どののか湧き、浮腫、痛風、不安定性糖尿病、高血糖症、末梢性浮腫、高尿酸値症、低血糖症、高ナトリウム血症

 

筋骨格系の副作用

 

関節痛、関節症、筋肉痛、けん断裂、腱鞘炎、骨の痛み、筋無力症、

 

精神系の副作用

 

運動失調、神経痛、ニューロパシー、異常感覚、震え、めまい、不眠、眠気、悪夢、反射機能の低下、知覚減退

 

呼吸器系の副作用

 

ぜんそく、呼吸困難、喉頭炎、咽頭炎、鼻腔炎、気管支炎、たんの増加、せきの増加、

 

皮膚および付属器の副作用

 

じんましん、単純ヘルペス、かゆみ、発汗、皮膚の潰瘍、接触性皮膚炎、剥脱性皮膚炎

 

間隔系の副作用

 

瞳孔拡大、結膜炎、光がまぶしく感じられる、耳鳴り、目の痛み、難聴、耳の痛み、目の充血、白内障、ドライアイ

 

泌尿器系への副作用

 

膀胱炎、夜尿、頻尿、乳腺肥大、失禁、異常射精、性器浮腫、無オーガズム症

 

異常ですが、ショックや呼吸困難、心停止、脳血栓など命にかかわる症状から、のどの渇き、かゆみ、眠気など軽いものまで、実に様座な症状が出ていることがわかります。

 

いずれもバイアグラと何らかの関係が疑われ散るわけで、一つの医薬品でこれだけ多くの副作用が疑われるものもほかにはないのではないでしょうか?

続きを読む≫ 2015/11/06 11:08:06

バイアグラ

FDA(アメリカ食品医薬品局)では情報の自由に対する要求にこたえて、バイアグラに関して致命的結果に関する報告書を公表しました。

 

これらのデータに自発的な報告書から得たものであるため、情報内容に限界があります。事例の中には医療データが不十分なために、これらの薬品が報告されたような反応を引き起こしたと断定できないものも含まれます。また、ある反応は、実際には潜在していた病気が原因だった可能性もあり、バイアグラが原因になっていない事例も含まれていると考えられています。

 

また、薬害事例のデータベースに入っている報告書は通報のあった薬害事例を体験した患者数を正確に表していないかもしれないというぐらい不確かな情報です。

 

そのことをご理解の上、具体例をお読みください。

 

バイアグラでの死亡の具体例

 

63歳男性

バイアグラ

グルコトロール(商品名、一般名はグリピジド)アロプリノールおよびアスピリンによる治療中であった。2型糖尿病、高コレステロール血症、高血圧症および発作型心房細動の症状がみられていた。バイアグラを服用して性行為をしてから約1時間後に出血性拍出(脳出血)をおこした。病院に運ばれたが容体が悪化して死亡した。死亡原因は不明とされている。

 

62歳男性

バイアグラ

シゴキシン、インシュリン、降圧剤による理療を受けており、糖尿病、うっ血性心不整脈および肺繊維症の病歴があった、バイアグラを1回服用後、性行為はなかったが、30分から1時間後、首がうなだれ呼吸が停止していた、救急治療室に運び込まれたが、その時はすでに無呼吸で脈もなかった、蘇生術を行ったが効果がなかった。死因は心筋梗塞、うっ血性心不全および高血圧症と診断されている。

 

64歳男性

バイアグラ

イムダー(商品名、一般名は硝酸イソソルヒド)による治療中だった。心筋症、冠状動脈疾患、成人型糖尿病および狭心症を疑われていた。バイアグラを1回服用後、性行為を行ったところ、失神した、蘇生術が行われたが効果はなかった。死因は心室性不整脈および心筋虚血とされている。

 

73歳男性

バイアグラ

ハイトリン(塩酸テラゾシン)による治療中であった。高血圧症が疑われていた。2度目のバイアグラ服用後、性行為中に意識を焼失した。脳幹部出血と心筋梗塞を起こしていることが運び込まれた病院で判明した。そのまま意識が戻らずに死亡した。

 

73歳男性

バイアグラ

併用薬は確認されていない男性。心筋梗塞の疑いがあった。バイアグラ服用後、胸痛、低血圧及び第3度房室ブロックにより入院した。蘇生術を行ったが、反応せず、入院してから数時間で死亡した。性行為についての錠なし、死因も判明できず。

 

48歳男性

バイアグラ

併用薬は確認できていない。糖尿病の疑いがあった。バイアグラを服用後に性行為をしていた時に胸痛に襲われた。救急車に乗せられ運ばれる最中にニトログリセリンを投与され、胸痛が治まり30分間は容体が安定していた。しかし、再び胸痛に襲われ、心臓が停止し救急治療室内で死亡した。死因は不明。

 

67歳男性

バイアグラ

カプトプリル、プラバコール、アテノロールおよびアスピリンによる治療を受けていた。心疾患、高血圧症、および高コレステロール血症の疑いがあった、バイアグラを服用し、性行為後、1時間ないし1時間半後に死亡した。顔面蒼白で、呼吸困難に陥った。病院に到着した時すでに死亡していた。死因は不明。

 

74歳男性

バイアグラ

グリプライド、ハイトリン(商品名、一般名は塩酸テラゾシン)グルコファージ(商品名、一般的には塩酸メトホルミン)コザール(商品名、一般名はロサルタンカリウム)によって治療を受けていた。2型糖尿病、高血圧症、黒色腫の疑いがあった。報告された副作用は夜にバイアグラを服用後、翌朝突然死したというものだった。性行為に関する報告はなし、死因は心肺停止とされている。

 

57歳男性

バイアグラ

併用薬および治療歴は確認できていない。バイアグラを1回服用後、性行為に及んだ。直後に激しい胸痛を訴えた。ニトログリセリンを投与された。九キュウリ調質に手死亡。死因は不明。

 

80歳男性

バイアグラ

ハイトリン(商品名、一般名は塩酸テラゾシン)による治療を受けていた。持続型心房細動および良性前立腺肥大が疑われていた。性行為中に突然意識を失った。死因は不明。

 

70歳男性

バイアグラ

カルジゼム(商品名、一般名は塩酸ジルチアゼム)テノーミン(商品名、一般名はアテノロール)シンスロイド(商品名、一般名はレボトロキシンナトリウム)によって治療を受けていた。冠動脈疾患、高血圧症、甲状腺機能低下症であった。バイアグラを服用後、死亡した。性行為に関する報告なし、死因も不明。

 

これらの症例に共通していえることは、すでに何らかの病気を患っていて、治療薬を処方されている人が多いことです。

 

おそらくバイアグラとの複合作用によって、もしくは性行為によって心臓などに急激に負担が加わり命を落としたものと推定されます。

続きを読む≫ 2015/11/06 10:51:06

ホーム RSS購読 サイトマップ